確定申告時の控除申請

確定申告時の控除申請

確定申告の方法が分からない方のために毎年2月16日〜3月15日の間に、各税務署や役所には「確定申告相談コーナー」が設けられます。

 

 

 

この時期には確定申告に必要な深刻用紙も用意されておりますし相談員が配置されておりますので、下記のような必要な資料を取り揃えて申告方法について指導を受けるとよいでしょう。

 

 

 

◆確定申告に必要な書類関係

 

1,源泉徴収票
2,生命保険の控除証明書「申告前に生命保険会社から送ってきます。」
3,医者に通っている場合は、病院からの医療費の領収書
4,国民健康保険、社会保険の控除証明書
5,指定寄付法人への寄付をしていれば、その寄付金の領収書
6,個人事業を行なっている場合は損益関係の一切の計算書および、それらを証明できる売上票、領収証、支払い票、給与台帳、棚卸表などが必要になります。

 

 

 

上記期間の以前にも確定申告に必要な用紙は各税務署に有りますので、早めから準備されておくとよいでしょう。

 

 

 

また、個人事業主の場合は複雑な経理処理が必要になりますので多少の費用がかかりますが、税理士などの専門家に相談したほうが節税面でも指導を得られますので結果的に良いかと思われます。

 

 

 

時間的に忙しい方には確定申告用紙の記入が出来ましたら税務署に郵送することでも受け付けてもらえます。現在ではインターネットを利用した電子申告の方法もありますので、インターネットで電子申告のサイトを立ち上げて説明に従って書き込んで申告できます。