給与所得控除について

給与所得控除について

税金の税額を確定する現在のシステムで、最も損をしているのはサラリーマンであるという風に言われています。というのも、税額は会社によって管理をされているので、自分で申告をする自営業者やフリーランスよりもより厳格に税金を支払わないといけないのです。

 

 

 

しかしサラリーマンにも、控除のルールは適用されています。それが、給与所得控除といわれているものです。給与所得控除は、サラリーマンが、通常年間この程度の額は必要経費として、ねん出しているであろう額を所得から差し引いたものを指します。

 

 

 

中には、給与控除よりも余計に必要経費をねん出しているケースもあるかもしれません。単身赴任をしている場合、休日に自宅に帰るときの移動費を負担します。

 

 

 

もしくは転勤をした場合には、引越しに伴う費用が発生するでしょう。もし上で紹介したケースのように、給与所得控除を超える必要経費があった場合、それを申告すれば、税金の還付を受けることができます。