所得税の歴史

ナポレオン戦争の戦費調達のため?

所得税は、1799年にナポレオン戦争の戦費調達のため、イギリスではじめて導入されました。アメリカでは1913年に所得税制が導入され、フランスでは1914年に、その後ドイツで1920年に採用されました。日本では、1887年(明治20)に所得税が取り入れられました。

 

いっぱいあって迷いますが介護 フランチャイズはおすすめです。

 

当初は個人所得のみを対象にし、総合所得税制が取られていましたが、1899年に分類所得税制に改められ、法人に対する所得の課税も行われるようになりました。

 

 

 

大正時代に入り数回にわたる改正が行われ、その後1940年(昭和15)に、太平洋戦争の戦時体制の進行のもと、財源確保を理由として、従来の所得税制が根本的に改められました。

 

 

 

戦後1947年(昭和22)には、総合所得税一本の制度に改められ、申告納税制度が導入されました。

 

 

 

所得税がはじめに導入されたきっかけは、ナポレオン戦争の戦費調達だったのですね、意外でした!