所得税の徴収について

所得税の徴収について

本来の所得税の考え方は国民にとって必要な、安心して暮らせる安全の確保や設備、福祉、医療、・・・等のサービスを供給するための資金を確保するためにあります。

 

 

 

その意味では、国民は勤労の義務とそれに対応する納税の義務があります。日本の税法の考え方は国民にとって方は、国民で何らかの収入がある人には税金を支払う義務を与えております。

 

 

 

特定な事業の収入以外は、原則として収入の種類に関わらず税金を納める義務があります。サラリーマンは、雇用している会社や事業主が給料を支払う際に所得税を給料から天引きして個人に代わって納税します。

 

 

 

これを源泉所得税とよんでおりますが、個人事業主や会社経営に於いては毎年の確定申告の3月に税務署に所得計算をして納税することになっています。

 

 

 

サラリーマンは給料からの源泉所得税という形で納税しておりますので問題は生じませんが、事業者においては事業の規模の大小にかかわらす自分たちで計算するか、会計士に計算をしてもらって税務署に申告をして納税するのですが、計算の間違いや税法の解釈の違いで納税額が少なくて問題になることがあります。

 

 

 

また、中には故意に所得を隠して申告した後に調査を受けて追徴税や罰則金の課税処置を受けることもあるようです。悪質なばあいには罰金だけでなく脱税者として名前を公表されたり刑事罰を受けることもあります。

 

そこまで悪質でなくとも、うっかりして確定申告の期限を過ぎた場合でも罰則的な延滞税を払うことになります。申告した納税額が税務署の査定によって過少申告とみなされますと修正申告をして追加納税の必要がありますが、税務署の判断に不服があるときには不服審判所に上申することも出来ます。