自己破産はデメリットだらけ!?

自己破産はデメリットだらけ!?

返済出来ない、毎月の返済が滞っている…という場合、自己破産が有効的かもしれませんが、正直デメリットだらけです。確かに借金が全額チャラになるというメリットもありますが決しておススメできる返済方法ではありません。

 

 

 

自己破産は債務整理の1つで最後の手段として考えた方が良いでしょう。自己破産を考える前に過払い請求、任意整理そして民事(個人)再生が可能ではないか調べてみてください。

 

 

 

自己破産は新しい人生の再スタートを踏む為には必要なものかもしれませんが、借金を全額返済すればやり遂げた感がありますし人にも迷惑をかけずに済みます。では自己破産をするとどのようなデメリットが生じるのか幾つか紹介したいと思います。

 

 

 

1つ目は弁護士や会計書士を雇う費用が掛ること、ローンやクレジットは数年間使用禁止になる、こと、家族や会社など周囲にバレてしまうこと、保証人が残っている借金を肩代わりすること、持家などの財産を処分すること、資格を要する職業に就いている場合、一定期間の間は就業できなくなること…などなど。

 

 

 

このようにデメリット尽くしの自己破産、あなたは簡単に決断できますか?特に保証人に対しては1番迷惑をかけてしまうことになります。お金を借りる際に保証人になってくれるということはあなた自身のことを信頼しているからこそなのでその信用を裏切ることになるのです。言い方は悪いかもしれませんが、自分は助かっても誰かを地獄に落としていることになりますよね。