社会保険料の取り扱い

社会保険料の取り扱い

社会保険料については、控除の対象になりえます。もしサラリーマンをしている人であれば、会社の方で年末調整をしてくれます。このときに、社会保険料を支払ったという申告をしておけば、きちんと税処理をしてくれるはずです。

 

 

 

社会保険料を決まった時期に支払っているのであれば、上の処理で、きちんと正しい額の税額を確定することができます。しかし中には、社会保険料をうっかり、未納にしてしまったということもあるかもしれません。

 

 

 

そして、年末調整の時期の後に、まとめて未納分の社会保険料を支払ってしまったというケースもあるかもしれません。その場合には、この社会保険料のまとめ払い分は、年末調整をされていないことになってしまいます。

 

 

 

このままいくと、よけいに税金を納めてしまうことになってしまいかねません。
もし上のような社会保険料の支払いをした場合には、翌年の確定申告のときを利用しましょう。申告をすれば、余計に支払った分の還付を受けることができます。

 

日本橋の貸会議室はここ