株と所得税

株と所得税

最近では、ただ預金をしているだけではダメということで、将来のために運用をしている人も少なくないようです。

 

 

 

株式投資などをしている人もいるかもしれません。しかしもし株式投資で利益を得ることができた場合には、所得税の課税対象になるかもしれません。しかし株式についての税金のルールは、平成15年から変わりました。

 

 

 

上場企業の株式についてはそれまで、売却価額の1.05%を税金として源泉徴収方式で天引きしていました。しかし現在、キャピタルゲインに対して26%の税金を自分で申告をしないといけないことになっています。確定申告のときに、自分で申告をしないといけません。

 

 

 

そのほか、証券会社の売買報告書やお金の出入りの記載されている預金通帳といった、取得価額を証明する書類を添付しないといけません。

 

 

 

昔から株式投資をしていた人の中には、元から税金が引かれていると思い込んでいる人もいるかもしれません。しかしルールが変わっているということを理解しておきましょう。

 

別れさせ屋JRIの別れさせ屋工作とは?