扶養親族について

扶養親族について

所得税の税額を確定するときに、もしも扶養をしている家族がいる場合には、その部分の控除を受けることができます。

 

 

 

扶養控除を活用することで、少しでも節税をしていくことをお勧めします。ところで、扶養控除の対象になるのは、扶養親族についてです。
サラリーマンの場合、年末調整のときに、扶養親族について申告をすれば、控除の対象にすることができます。

 

 

 

しかし扶養親族についての解釈を間違っている人もけっこう多いといいます。ですから、控除の対象であるはずなのに、申告をしないから、よけいに税金を支払うことになってしまう場合もあります。

 

 

 

扶養親族についてですが、何も同居をしていないといけないという規定はありません。例えば、大学がよいをしている一人暮らしの子供がいるとか、実家の両親に対して仕送りをしているという場合でも、彼らを扶養親族として申告をしてもかまわないのです。

 

 

 

けっこう外してしまっているケースもあるというので、注意をしたほうがいいでしょう。