なぜ税制改革が必要

なぜ税制改革が必要

もちろん税制改革が必要なのは、国を運営する為にお金が必要、税収をあげてより良い暮らし、安定した暮らしをするためですが、その中にも最近の日本の国のありかたや事件がその財源を非常に圧迫していることは明らかです。

 

 

 

まずは2011年に起こった東日本大震災は民間からの補助だけでは到底まかないきれないほどの未曾有の被害を出して、その復興支援のためには大変な額のお金が必要になります。その上折しも日本では先進国のなかでも有数の超高齢化社会、少子高齢化時代に突入しているので、その部分での社会保障費も気になるところです。

 

 

 

また地域社会と雇用を創出している中小企業を取りまく環境の悪化と、大企業がコストを削減するのに、非正社員を派遣などで採用することで、より雇用が不安定になり、社会保障、失業保険や生活保護世帯が増えることにもなります。

 

 

 

税制改革をするのもやはりこうしたせっぱつまった事情があるからです。第一には復興財源の創出、そして第二には社会保障費財源の安定、またこうした借金で国の歳出を補うよりもより健全な財源でこうした社会保障制度を維持するのが望ましいですから、そうした部分でもより税金によって財源を確保することが必要になってくるのです。

 

 

 

また第三には経済活性化と中小企業対策など景気刺激策の為に何らかの措置、つまり法人税の引き下げなどの具体的な改革により、国際間の競争や外国資本の誘致などを有利にすすめることが考えられています。

 

 

 

税金をより多く徴収するところと、税率を下げる部分の調整がより必要だといえるのかもしれません。