旅費で節税

旅費で節税

会社勤めをしている人の中には、出張などで日本や海外を移動しているという人もいるかもしれません。旅費の取り扱いについては、会社によって、いろいろな規定が用意されているかもしれません。

 

 

 

旅費が別途で支給される場合もあれば、日当方式で支給をしていないという会社もあるかもしれません。もし旅費の規定について、後者のケースがあてはまるという場合には、もしかすると、所得税の節税効果を期待することができるかもしれません。というのもそもそも、旅費の日当については、非課税という風に決まっているからです。

 

 

 

ただし節税をするためには、条件があります。それは、旅費についての規定を作っておかないといけないということです。交通費や宿泊料、日東当たりの金額を明記しておけばいいわけです。

 

 

 

こうすると、領収書などの保管の義務からも解放されることになります。しかし旅費の金額についてですが、世間一般的に見て、妥当と思われる金額にしましょう。ヤミ給与と受け取られかねません。